兄貴と俺の鍋はやっぱチゲ鍋

僕は毎年秋の辺りからが好きです。
冬は本革のレザージャケットとかヒートテックとかで寒さに打ち勝つアイテムがあるからです。

でも僕は究極の食いしん坊なので暖かい食べ物があるのがなおいいです。
お兄ちゃんとプラプラ服を見てそんで家でストリートファイターをやりながら冬の間に毎日食べる鍋、それはチゲ鍋です。

辛くて 「 ひーっ、ひーっ、」ってなりながら食べます。
飲み物はやっぱりコカコーラです。
食べ終わったらご飯を入れて雑炊にしたり、うどんを入れたりします。

昔はお母さんと僕とお兄ちゃんと3人で食べてて僕の友達のけい君とかまー君とかで食べてたんですけどどんどん人が増えていってみんなで食べたのが忘れられないです。

僕も大人になってお兄ちゃんと昔みたいに毎日は食べなくなって彼女と2人で食べたりしてて、でもしょうがないかなって思ってたらお兄ちゃんからカカオトークで連絡があって、いつまでも冬はチゲ鍋食べるぞって連絡があって拉致られたんです。

前と違うところは僕もお兄ちゃんも恋人がいる事です。
前と同じ事は僕もお兄ちゃんもチゲ鍋を愛している所です。

これは余談ですがチゲ鍋との出会いは中学校の友達のバケのお母さんのご飯です。
僕の初恋の女性です。
大人になった僕の姿を見て欲しいです。