えび餃子は鍋を美味しくする

普通に水炊き鍋などであるものを入れて鍋をしているとだんだんマンネリで飽きてきてしまいます。

そこで、同じ材料でも美味しく食べたいと考え自分でえび餃子を作って入れてみようと考えました。これ決して難しいことは何もありません。えびと豚の細切れ、しょうが汁を小さじ1ほど、塩、コショウ、酒、片栗粉を全部フードプロセッサーに入れてミックスするだけです。ある程度えびの食感を残す程度まで混ぜたらあとは普通に餃子を作る時に使う皮に包むだけです。

それだけなのですが、このえび餃子を入れると普段の鍋が何倍にも美味しくなるのです。少しですが手間をかけたからなんでしょうか?そして、どんな食材ともよく合うので鍋の具材を選びません。スタンダードに白菜中心の鍋から、キャベツでもOK。水菜たっぷりでも美味しいです。

よく考えたら当たり前なんですよね、えびと豚肉からそれぞれのいい出汁がたっぷり出るので美味しさが何重にも重なるからそれだけコクのある美味しい鍋スープになっているようです。餃子の皮がもモチモチしていて食べごたえもありますし、それだけで十分に感じますが、この美味しいスープを最後まで味わってもらいたいので、〆はラーメンやうどんなどの麺類をおススメします。塩を一つまみ入れて煮込んだら最高の〆になります。