湯豆腐はシンプルだが味わい深い鍋ものの基本

豆腐を温めて食べるだけの極めてシンプルな鍋もの。

それだけに一つひとつの素材そのものにこだわってこそ、滋味豊かな味わいが楽しめます。

 

まずは豆腐。

関東では木綿ですが、京都では絹ごしを使ったりします。

割り醤油やポン酢で食べる場合もありますが、

なんといっても木綿豆腐を使って豆腐がグラッときた煮えたてを、

ねぎ醤油で食べるのが江戸前な粋な食べ方。

 

◆材料の吟味

「〇〇店の豆腐が美味しい」と、こだわりをもって語られる豆腐。

湯豆腐は豆腐そのものの味であるから、自分にとって美味しい豆腐を手に入れたい。

ねぎ入り醤油を軽くひと煮立ちさせるとねぎの甘みがさらに増し、香りも放つ。

煮過ぎるとねぎの辛みが出てしまうので、注意したい。

豆腐はやっぱり木綿豆腐を使いたい。豆腐そのものの存在感が味わえる。

 

◆材料(1人前)

  • 豆腐 1丁
  • 昆布 15cm
  • ねぎ醤油(ねぎ1/3本、しょうゆ50cc、だし大さじ1)

 

◆下ごしらえ

昆布をさっと洗い、二つ折にし、包丁で昆布の中央を小さく三角形に切って菱形の穴をあける。

鍋に昆布を敷いて、水を張り沸かす。

豆腐はやっこに切る。

 

◆たれを作る

ねぎ醤油を作る。

小鍋に小口切りのねぎと分量のしょうゆを入れ、軽くひと煮立ちさせる。

 

◆鍋を作る

湯が沸いてきたところに豆腐を入れて温める。

器に温めた豆腐をすくい取り、好みの薬味とねぎ醤油をかけて食べる。

※豆腐を追加する場合は、昆布からぬめりが出るので、取り出してから豆腐を入れる。

昆布の穴に箸を通して取り出すと、すべらずに操作が楽。

 

◆ここにこだわる◆

秘伝の手製ねぎ醤油は豆腐の美味しさをいっそう引き出す。

湯豆腐の造り方は簡単なので、ねぎ醤油は是非手作りしたい。

とにかく美味しい豆腐としょうゆ、この一語に尽きます。

【調理のポイント ねぎ醤油の作り方】

  • 小鍋にしょうゆと小口切りのねぎとだしを入れ、軽くひと煮立ちさせる。
  • 鍋肌がブツブツいってきたら火を切る。